第五章 お金と話す、お金と遊ぶ(なるべく働きたくない人のためのお金の話)
5b3c264e5496ff0773000057

第五章 お金と話す、お金と遊ぶ(なるべく働きたくない人のためのお金の話)

¥400 税込

※こちらはダウンロード商品です

henry-05-.pdf

1.05MB

ここまで、自分がどうありたいのかを洗い出し、それに必要な分量のお金を見極め、その結果として自分自身にどういう変化があったのか、を振り返ってきました。そして私は漠然としたお金の不安から解放されることができたので、これを一応のゴールとしてもいいような気もします。  でも、お金との付き合いは、生きている限り一生続いていくことです。どうせ一生関わってかなくてはいけないなら、できるだけ楽しく続けていきたいですよね。  というわけでこの章ではさらに、「お金の不安がなくなったそのとき、どのようにして楽しく、よりよく、お金との関係を続けていくか(私の場合)」を書いていきます。  お金とよりよい関係を楽しく続けていくために、私が選んだ方法は「お金を人だと思って遊ぶ」ことでした。 「こういう稼ぎ方・使い方について、お金どういうふうに思だろう?」という視点で、自分のお金に関する思考・言動をつねに吟味してみるんです。  ただの思いつきで始めた戯れのようなでしたが、あまり真面目に考えてばかりいるとイヤになってしまうし、お金と楽しく付き合っていくうえでは、これが存外、効果的でした。

その他のアイテム